プロフィール

スタッフ

飲食業界に18年、3年ほど通信業界に浮気をしまして、このたび戻ってまいりました。見知った顔に偶然お会いできるのを楽しみにしています。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« ボジョレー・ヌーボー解禁 | メイン | DVDを買ってでも見たい映画 (2) »

2011年11月18日 (金)

ギターの神様、来日

エリック・クラプトンが札幌にきています。
日本での最初のコンサートがここ札幌なのです。

行きたかったなぁdespairええ、もちろん仕事ですとも。
そして、「クラプトン行ってきたよ」とお客様が来店しました。アリーナの前から7列目だったそうです。

内容をいろいろと熱く語っていただきましたが、うらやましい限りです。
ライブの臨場感はたまらないものがありますよね。興味のないアーティストですら好きになってしまうぐらい高揚します、それが好きなアーティストならなおさらです。

若い人は聞く方も少ないでしょうし、ファンの方でも、最近の楽曲(といってもアンプラグドから早いもので19年ですかhappy02)しか聴いたことがない人が多いのでしょうか?

今回来日のメンバー(スティーヴ・ウィンウッド)は1969年に結成したバンド、ブラインド・フェイスのメンバーです。私もまだ生まれてませんがcoldsweats01

そんな私のおすすめのアルバムは、「THERE'S ONE IN EVERY CLOUD」です。
ボブ・マーリーのI Shot The Shelifをカバーしてヒットしたあとに発表したアルバムで、渋いの一言です。
今日演奏された曲目の中に該当するものはないと思われますが・・・

ちなみに今日のお客様、以前はドームに見に行って、あまりに遠くてクラプトンならぬプランクトンだったとおっしゃってましたよ。coldsweats02

「てんちょー」

かまどくら のサービス一覧

かまどくら